ymff

かつて無声映画の時代、映画館では、座付きの活弁士が物語を説き、演奏隊が音楽をつけていたという。同じ作品でも、劇場ごとに違ったオンリーワンの体験。
今回のテーマは「OLD and NEW」。
古いけど、新しい映画たちをセレクトし、ただ映画を上映するだけでない仕掛けを用意しました。


10/18(金) 19:00-

10/19(土) 10:30-

彌勒 -MIROKU Film Orchestra Ver.-
演奏 : 渡邊崇 & Sound on Film

夢みるように眠りたい
活弁 : 澤登 翠

2013年日本87min
監督林海象 原作:稲垣足穂 出演:永瀬正敏、土村芳 ほか

1986年日本81min
監督:林海象 出演:佳村萌、佐野史郎 ほか

昭和の巨星・稲垣足穂の小説「弥勒」を林海象が初の映画化。
20 年前に横浜で誕生し、 今なお愛され続ける『私立探偵濱マイク』シリーズの林海象 × 永瀬正敏が、17 年振りにタッグを組んで帰ってくる。
>>チケット購入はコチラ

昭和30年代頃の浅草を舞台にしたミステリー。私立探偵の魚塚は月島桜から、誘拐された娘、桔梗を探す依頼を受ける。やがて魚塚は、未完に終ったサイレント映画「永遠の謎」のラスト・シーンを追っていることに気づく。
>>チケット購入はコチラ


10/19(土) 13:30-

10/19(土) 13:30-

日の丸太郎〜武者修行の巻
活弁・大正琴 : 山崎 バニラ

活動写真 いまむかし
活弁 : 山崎 バニラ

1936年/日本6min/映像提供:マツダ映画社
監督 : 鈴木宏昌 作画 : 鈴木阿津志

2011年日本12min/映像提供 : 玩具映画プロジェクト
監督山崎バニラ

日本の初期の貴重な時代劇アニメ。小男の日の丸太郎が、小さいながらも悪者の大熊大八とその子分に立ち向かい、巡礼のお姫さまを救う。ユニークなキャラクター、日の丸太郎が大活躍する。
>>チケット購入はコチラ

「ちょっと昔」編:3D映画華やかなりし現在、なぜ活弁士になったのか。「大昔」編:そもそも映画とはどのように始まったのか。当時の人々のワクワク感を一緒に体験してみましょう。
>>チケット購入はコチラ


10/19(土) 13:30-

10/19(土) 16:30-

帽子箱を持った少女
活弁・ピアノ : 山崎 バニラ

港の日本娘
演奏 : 柳下 美恵

1927 年/ソ連/ 68min
監督:ボリス・バルネット 出演:アンナ・ステン ほか

1933年日本72min
監督:清水宏 原作:北村透馬 出演:及川道子、井上雪子 ほか

帽子作りで生計を立てる少女ナターシャ。部屋を確保するため青年イリヤと偽装結婚するが、ある日、代金のかわりにもらった宝くじが当選。金に血眼になった人々の騒動を尻目に、ふたりの間には真実の愛が芽生え始める。
>>チケット購入はコチラ

横浜を舞台に繰り広げられる、女学生の砂子、ドラ、ヨー子と、青年ヘンリーとの愛情の遍歴を描く。砂子と付き合い始めたヘンリーだが、間もなくヨー子と恋仲に。嫉妬に駆られた砂子はヨー子を拳銃で撃ってしまい...。
>>チケット購入はコチラ


10/20(日) 10:30-

10/20(日) 13:30-

カビリア
活弁 : 澤登 翠

タムくん映画館
演奏 : ウィスット・ポンニミット

1914年イタリア/87min
監督ジョヴァンニパストローネ 出演:ウンベルト・モッツァート ほか

監督:ウィスット・ポンニミット
 

カビリアp53-6

富豪バトゥの娘カビリアは家族と生き別れた後、乳母と共にフェニキア人の海賊に捕らえられ、奴隷としてカルタゴに売られてしまう。乳母はスパイとしてカルタゴに潜んでいたローマ貴族に助けを求め、カビリアを助け出す。
>>チケット購入はコチラ

ウィスット・ポンニミット自作の短編案アニメーション上映に合わせて、自ら生演奏を行う。本映画祭のために短編を編成した“タムくん映画館”をお楽しみください。
>>チケット購入はコチラ


10/20(日) 13:30-

10/20(日) 16:30-

チャップリンの失恋
演奏 : ウィスット・ポンニミット

鞍馬天狗
活弁 : 斎藤 裕子

1915年/アメリカ/26min
監督・脚本・出演:チャールズ・チャップリン

1928日本75min
監督:山口哲平 原作:大佛次郎 出演:嵐寛寿郎、五味国枝 ほか

一本道を一人やってくる放浪者チャーリー。エドナの窮地を暴漢から救ったチャーリーは、エドナの父の家に住み込み職を得る。エドナのやさしさを愛と勘違いしたチャーリーは、彼女に恋人がいることを知って落胆し…。 ※画像はイメージです。
>>チケット購入はコチラ

時は幕末、騒乱が続く京の街。勤王の大志に燃える鞍馬天狗は、罠にかかって水牢に閉じ込められるが難を逃れ、見廻組と大乱闘を繰り広げる。
原作は、今年で没後40年を迎える横浜生まれの作家・大佛次郎。
>>チケット購入はコチラ


(C)横浜みなと映画祭実行委員会

item2d1a item2d1 item2d item2c item2b